エステ店の売上をアップさせる為のコツ!その方法とは?〜コラーゲンマシン最新エステ機器|人気サロンで導入されている秘密とは!?〜

売り上げアップってどうすればいいの?勧誘で失敗したDさん

「なかなかサロン経営が軌道に乗らず、このままでは赤字になってしまう…!」そう考えたサロンオーナーDさんは、客単価を上げることで売り上げを伸ばすことにしました。お客様へ追加メニューの案内や複数回コースの施術などを強く勧めて契約をとるよう、スタッフにノルマを課すことにしたのです。

すると、一時的に売り上げは伸びましたが、これまでリピートしてくれていたお客様の足が遠のき、新規のお客様も1度の体験だけで本契約することはほとんどなかったのです。

結果、売り上げはさらに低迷し、Dさんはさらに厳しいノルマをスタッフに与えざるを得ませんでした。そしてついに、厳しいノルマに嫌気がさしたといって、スタッフまでもがどんどん店を去り始めたのです。

しかし、Dさんは赤字を回避したいと思うばかりで気が焦り、売り上げを上げる他の方法を思いつきませんでした。右往左往しているうちに、とうとうDさんのサロンは閉店に追い込まれることになってしまったのです。

どこが悪かったの?売上を上げられなかった事例を分析!

サロンがついに閉店に追い込まれてしまった原因は以下の通りです。

  • 1:客単価を上げることだけに気を取られていた
  • 2:しつこい勧誘を繰り返した
  • 3:勧誘以外の手段を全く考えなかった
客単価について
Dさんは1人のお客様からより多くの売り上げがあれば、少ない人数でも目標を達成できると信じ込んでいました。しかし、お客様には、お客様の予算があります。エステにかけられる金額はそれぞれですが、いずれにせよ上限があるはず。いくら効果のあるメニューでも、予算と合致しなければお客様は契約してくれません。お客様の状況をきちんと把握し、その時に必要なメニューを必要なだけ提示することが重要なのです。本当に必要なメニューであることを納得すれば、お客様も望んで継続契約をしてくれるでしょう。
しつこい勧誘について
エステに不慣れなお客様は、エステサロンは勧誘が心配だと感じているケースが多いようです。確かに、体験などで一度サロンに行くと、施術後の説明でその後のおすすめメニューなどを紹介されることが多いでしょう。エステは基本的に、どんなメニューでも何回か継続して行うことで効果を発揮するため、ある程度の勧誘があるのは当然なのです。しかし、必要ないとお客様が言っているのにも関わらず複数回のコース契約を強く勧めたり、悩みとは関係ない化粧品の購入を迫ったり、さらには長時間束縛したりなど、お客様の気持ちを無視した勧誘は非常に悪質です。そんな勧誘を受けたお客様が、二度とそのサロンを訪れないのはいうまでもありません。
勧誘以外の手段について
「勧誘以外の手段」を全く考えなかったこと、これは大きな問題です。経営者として、少しでも壁にぶつかった際は、早急に自分自身の考え方を見直さなければなりません。Dさんは、それを一切しませんでした。また、スタッフの立場や気持ちも考慮していないことも読みとれると思います。Dさんの場合、スタッフを信頼し、意見を聞くことが必要であったと思われます。経営者の悩みを解決するポイントは、現場のスタッフの声から得られることが多いことも忘れてはいけませんね。

エステの売上をアップさせる重要ポイントはこれ!

しつこい対応せずに売上を伸ばすために必要なポイントをまとめておきましょう。

  • お客様の予算に合った提案を行う
  • 不要な勧誘は行わない
  • 現場スタッフの意見を参考にする

コラーゲンマシン導入で売上アップができる対策

では、Dさんの場合、どのようにすればよかったのでしょうか?視点を変えて、例えばコラーゲンマシン導入により、強引な勧誘をせずに売上を改善する方法を考えてみましょう。

Dさんの事例を見てもお分かりのように、しつこい勧誘をしたところで、結果的に得るものはありません。無理に勧誘しなくても、お客様が自然と集まる仕組みを作ればよいのです。

そのひとつが、効果がすぐに実感できるコラーゲンマシンなのです。

エステサロンを訪れる新規のお客様は、「本当に効果があるのかな?」と疑いの気持ちを持っています。1度の体験で疑念を晴らすことができなければ、継続契約を躊躇するのは当然のこと。その状態で強く勧められれば勧められるほど、お客様の心は離れていくことでしょう。 新規来店という1度のチャンスをモノにするための秘密兵器が、まさにコラーゲンマシンなのです。

コラーゲンマシン導入で売上アップ コラーゲンマシンは、一度体験すればすぐにその効果を実感できます。あれやこれやと熱心な勧誘を受けるよりも、コラーゲンマシンの効果を実感することで継続来店につながり、結果として売上が伸ばせるのです。

しつこい勧誘を繰り返すより、コラーゲンマシンのような効果をすぐに実感できるサービスを導入していれば、Dさんも最悪の結末を迎えなくて済んだのかもしれませんね。

せっかくなので、強引な勧誘に変わる広告手法をもう1つ、ご紹介しましょう。
コトポップという手法をご存知でしょうか?
この手法は、

・商品の価値が分かるコト
・商品が何の役に立つのか分かるコト
・お客様の心がワクワクするコト

以上の3項目に相当する言葉を短く表記したPOPです。
例えばコラーゲンマシンの場合なら…

・赤外線の力で肌を若返らせる♪
・コラーゲンを増やす♪
・寝ている間にキレイになる♪

といった言葉をポップにするわけですね。読む気がない人でも理解できるように、短く、端的に。

さて、こうした手法に着目して様々なサロンに売上アップの秘策を授けているのが、コラーゲンマシンを販売しているGOODTIME株式会社。
もしコラーゲンマシンを導入するのであれば、ぜひこの「コトポップ」も活用してみてください! 下のリンクからコラーゲンマシンの詳細が確認できるページへ移動できます。

SEECRETを販売するGOODTIME社の公式サイトはコチラ

勧誘より効果的!コラーゲンマシンの効果でリピート客を増やす

Dさんの失敗事例に見られるように、強引な勧誘をしたり、スタッフの負担を増やしたりするのは、基本的に良い結果を生みません。

・勧誘するよりも、サービス内容を向上する
・スタッフの負担を軽減し、生き生きと働いてもらう。

成功の秘策は以上の2点です。
コラーゲンマシンのような機械施術は、施術の際にスタッフの手を必要としません。そのため、安定した施術効果を提供しつつ、スタッフの負担軽減が可能なのです。負担が軽減した分、スタッフには顧客のカウンセリングに力を入れてもらいましょう。
エステサロンはリラクゼーションの場所でもあります。顧客満足度を高めるには、カウンセリングに時間を使い、少しでも気分良く過ごしていただくことが何より大切。顧客満足度の向上は当然、お客様のリピーター獲得に繋がります。このほうが、強引な勧誘よりずっと効果的ですよね?
この機会に、エステ経営の秘密兵器−コラーゲンマシン導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コラーゲンマシンを導入するサロンが増えているワケ

このページの先頭へ