コラーゲンマシン最新業務用エステ機器と他エステ機器の比較 〜コラーゲンマシン最新エステ機器|人気サロンで導入されている秘密とは!?〜

比較検討してみよう!コラーゲンマシンとその他の最新エステ 美容機器

サロンには様々な用途の美容機器が並んでいます。美容機器業界は日々進化し、より効果のあるマシンを次々と作り出しています。そしてサロンを訪れるお客様の主な目的は、肌のハリツヤを取り戻すことや、理想のボディラインを手に入れること、そしてリラックス効果などです。

そこで今サロンで人気を集めている最新エステ機器を6種類ご紹介しましょう。

集客力アップや人件費削減にも貢献!最新エステ 美容機器、コラーゲンマシン

コラーゲンマシンで体の中から新陳代謝コラーゲンマシンはヨーロッパ発の最新エステ機器です。赤外線に近い長期波であるピンク色の光を肌に照射することによって体の中から新陳代謝を促します。

私たちの肌のハリやツヤの元となるコラーゲンは真皮層にある繊維芽細胞から生み出されますが、コラーゲンマシンはこの繊維芽細胞に働きかけ、細胞を活性化するのです。これにより、コラーゲンをはじめとしたと美肌成分が次々と生成され、美しい肌へと導きます。

また、コラーゲンマシンは顔だけでなく体全体に使えるのも嬉しいところ。ベッドにただ寝ているだけで顔や体の悩みの改善効果が期待できるマシンなのです。

サロン側にも大きなメリットが!お客様をベッドに案内するくらいで、スタッフには特別な技術がいりません。コラーゲンマシンの導入によってできた余裕の時間はスタッフのスキルアップやお客様のカウンセリングに使えちゃいます!

お客様側からすれば、気になるのはメニューの価格。最新エステ機器は試してみたいけど、高価だとちょっと…というお客様にも、コラーゲンマシンだと安心の価格設定が可能です。一般的に、コラーゲンマシンを用いたメニューでは1回につき3000円から5000円で施術が受けられるサロンが多いようです。

コラーゲンマシンの中でも、GOODTIME社が販売しているSEECRETは、保証制度やアフターメンテナンス、エステティシャン研修だけでなく効果的なコラーゲンマシンの活用方法やポップの作り方など経営者には嬉しいサービスが充実しています。

その恩恵を受けているエステサロンも数多く、売上が上がったなどの声もたくさん聞かれるほど。1回で効果を実感できるお客様も多く、お気に入りのサロンとして認めてもらうことでリピーターも期待できます。コラーゲンマシン導入に当たってはサロンにとってもお客様にとってもメリットのある機器といえそうです。

コラーゲンマシンのメリット コラーゲンマシンのデメリット
・寝ているだけで肌の悩みの改善が期待できる
・1台で多くの効果が期待できるため、集客の幅が広がる
・ベッド型の機器であるため、ある程度のスペースは必要

もみほぐしが得意!エンダモロジー

エンダモロジーマシンエンダモロジーはフランスで開発されたダイエットマシンです。主にセルライトを解消するために導入しているサロンが多いのが特徴です。独自の形状のローラーで、気になる部分のセルライトを揉みほぐすことによって、凝り固まったセルライトを柔らかくして解消します。

エンダモロジーは、体験するのにかかる値段が1回につき約1万円から2万円程度。エステのメニューとしてはそんなに高い部類ではないため、お客様にも受け入れやすいでしょう。ただ、エンダモロジーのローラー使いにスタッフのスキルが必要であるため、研修を重ねる必要がありそうです。もみほぐしのマッサージが好みの方にはぴったりかもしれませんね。

敏感肌でも安心!バイオプトロン

バイオプトロンバイオプトロンはスイス発のフォトトリートメント型の最新エステ機器。光と水の力で、肌本来の輝きを取り戻すお手伝いをします。人体に悪い影響のない光だけを照射するため、肌が敏感な人でも気軽に始められることが特徴です。

肌のハリやツヤの改善効果を期待できるほか、光によるリラックス効果や放熱効果を期待できます。全身に利用ができるのですが、その形状から部位ごとに照射を行う必要があります。

バイオプトロンのメリット バイオプトロンのデメリット
・様々な肌質のお客様に使える
・光によるリラックス効果が得られる
・1度で全身に照射することができない

超音波で脂肪を解消!エクシリス

エクシリスアメリカで開発されたフェイシャル、ボディシェイプ機器であるエクシリス。超音波とフォーカスRF波という2つの光を利用した最新エステ機器です。出力を柔軟に設定できるため、効果を上げたい場所に効率よく照射可能。主にセルライトを分解する目的で、部分痩せ機器として導入されます。

エクシリスは多くのサロンの場合、一定範囲毎に料金がかかる仕組みとなっています。差はありますが、平均すると一回につき4枚円から8万円の費用がかかることも…。いくら理想の肌を目指すと言っても、少し躊躇してしまう料金かもしれませんね。

エクシリスのメリット エクシリスのデメリット
・セルライトを効果的に解消できる
・部分痩せに効果がある
・ブロックごとに施術を行う必要がある

セルライトを狙い撃ち!Di-Lipo

Di-Lipo(ディライポ)Di-Lipo(ディライポ)は高密度焦点式超音波を利用して脂肪を解消する最新エステ機器。大きな特徴は現在エステサロンで導入されているほとんどの美容機器が海外製であるのに対し、Di-Lipoは純国産である点。日本製にこだわるお客様にとっては安心が担保できる機器であると言えます。

ただ、1回あたりの施術にかかる金額は3万円から5万円と高額で、継続利用を考えた場合少し躊躇してしまいますね。

Di-Lipoのメリット Di-Lipoのデメリット
・機器が純国産で安全性をアピールできる
・部分痩せに効果がある
・かなりの施術費用がかかる

リバウンドしにくい!ボディスカルプ

ボディスカルプボディスカルプはメスを使わずに脂肪細胞の数を減らすことができる美容機器です。特殊な超音波によって脂肪細胞を溶かしだし、引き締めや部分痩せの効果を狙います。即効性が高く、痛みがないという点でお客様に支持を得ているようです。

1回の施術の相場は2万円から3万円。 即効性が高いとは言っても、痩せにくい体質作りのためには10回以上の継続使用が推奨されています。

また、溶かした脂肪を老廃物として流すために施術後のマッサージなどの追加メニューが必要になる事も。さらに費用がかかる点がネックです。

ボディスカルプのメリット ボディスカルプのデメリット
・メスを使わずに脂肪を解消できる
・リバウンドしにくい体質作りができる。
・手術後の別メニューが必要になる場合がある
・メニュー追加によって費用がかかる

以上が、今注目を集めている最新美容機器です。

それぞれにメリット・デメリットがあるのは当然のこと。美容機器を導入するにあたり、ご自身のサロンで「どのようなサービスを提供したいか」また「導入によってどのように利益をあげることができるか」を重要視し、充分に比較検討をしていただきたいと思います。

また、何よりも実際にお試しになることも大切です。まずは、気になった美容機器の販売元で行っている無料体験などを活用してください。

コラーゲンマシンの体験を行っているGOODTIME社は
コチラからcheck!

経営改善効果MAX!コラーゲンマシンを導入した経営者の口コミ

集約されます。しかし、優秀なスタッフを育てるには、スキルアップするまで続けてくれる人を雇用しなくてはなりません。同時にサロンの方向性を決める際にも、雇用しているスタッフのスキルと相談することになります。そして、集客を考えるにあたっては顧客のニーズを満たす施術を展開しなければなりません。中小サロンがこれらの問題を一挙に解決するのは困難を極めることでしょう。
しかし、コラーゲンマシンをはじめとする機械施術を導入すれば、上述の問題を一挙に解決することが可能。機械は常に一定の施術を提供するのでスタッフの技量に依存することがありません。また、コラーゲンマシンは美容とリラクゼーションの双方にまたがる機能を持っているので、サロンの方向性が限定されることもなく、さらに全てのお客様に提案できる施術ですから集客にも絶大な効果を発揮します。
こちらでは実際にコラーゲンマシンを導入したエステ経営者の口コミを紹介していますので、是非、ご覧ください。コラーゲンマシンの詳細な効果、そして導入した経営者の口コミをチェックすれば、コラーゲンマシンの導入効果がどれほどのものか分かると思います。

エステ経営の強い味方!コラーゲンマシンのメリット

エステサロンというのは、開業に特別な資格を必要としません。認定エステティシャン、認定トータルエステティックアドバイザーなどの資格は日本エステティック協会の民間資格ですし、AEA認定エステティシャン、AEA認定インターナショナルエステティシャンなどの資格は日本エステティック業協会(AEA)の民間資格です。公的資格ではないので、こういった資格がなくてもエステサロンを開業するのに支障はありません。このあたり、資格が必要な美容師、マッサージ師とは対照的です。
そのため、エステは“美容系の仕事で独立したい”と考えている人が参入しやすく、常にライバルが出現する厳しい業界となっているのが現状。各店舗はポイントカードの導入、予約特典など再来店率を向上するアイディアを出して生き残りを図っていますが、経営悪化に苦しむオーナーも少なくありません。顧客を増やすための抜本的解決法としては“サロンでの施術内容を拡充する”という方法が一番ですが、スタッフを雇用するのにお金がかかるので、安易に新しい施術を導入する…というわけにもいかないでしょう。
そんな時、コラーゲンマシンをはじめとする“機械を用いた施術”に大きな可能性を感じませんか? 機械は導入費用だけ工面すれば、人件費のように毎月継続して多額の費用を確保する必要はありません。さらに、施術は機械が行いますから、スタッフの配置に心配することもないのです。機械に案内だけすれば、施術中は人手が不要ですから。
コラーゲンマシンによるサロン経営への好影響について知りたければ、是非、エステ経営者に聞いたコラーゲンマシンの導入事例集をチェックしてみてください!


このページの先頭へ