Archive List for エステサロンの始め方

ホームサロンは景気に影響されない利用者重視の営業で

■ホームサロンと景気に関する悩み ホームサロンを運営する場合では、景気などについて影響を受けてしまうことがあります。特に税金の支払いなどの負担が増えてしまっている昨今では、各家庭では出費をなるべく抑えることも行われており、余計なものにお金を費やすことをせずに節約生活を送ることも珍しいことではありません。 そんな中、ホームサロンの経営としてはできるだけ景気に関係無く運営することを目的としているケースも多く、特に女性に対しては毎日のケアなどを行うことになるために、できるだけコストパフォーマンスに優れているサービスを提供することも必要とされています。 売上げが大きく落ち込んでしまった場合では、後に廃業をしてしまう可能性も持っているために、アイデアを出しながら経営を続けていくことも求められています。特に売り上げ管理に関しては、諸経費を含めてしっかりと管理することが必要とされていて、利用者にとって安心することのできるサロン作りを行うことも大切です。 ■大手にはない固定客をいかに獲得するかが勝負! 景気によって左右されてしまうようなホームサロンの場合では、利用者に快適に利用してもらうことが困難になってしまう可能性も持っています。安定した経営を続けていき、顧客を確保していくためには、一定の努力を積み重ねていくことも大切です。 例えば大手のサロンの場合では、インターネットや各種広告媒体を利用して、派手に宣伝を行っているシーンを目にすることができます。しかし、ホームサロンの場合では資金的な面では太刀打ちすることが難しい傾向にあります。 そこで、パソコンなどを利用して、アットホーム感が盛り込まれて前に出ているようなお洒落なチラシを作成し、広くポスティングなどを行って地道に宣伝を行うこともおすすめの方法になります。

自宅サロンの施術トラブルは普段の防犯で防ごう

■自宅サロンと施術トラブルの悩みについて 自宅サロンは、マンションの一室を使用した個人経営の美容サロンです。最近社会問題化しているのは、就労許可を得ていない外国人が、自宅のマンションを利用して自宅サロンを開いているケースです。 彼らが主な摘発対象となっていますが、もぐらたたきのような状態で違法な自宅サロンは後を絶たない状態です。また、マンションの一室を使ってサロンを開いていることから、なかなか捕まりにくいという性質を持ち合わせています。さらに、施術トラブルの発生も後を絶たない状況にあります。 施術トラブルが発生し、消費者センターに問い合わせたところ、そのサロン自体が違法操業であったというケースが相次いでいます。 近所のマンションで外国人の出入りが激しい所があれば、一度相談という形で警察に通報し、近所の目を張り巡らせて置くことが違法開業の抑止につながります。特に都会ではマンションの一室を使用しているので、近所の防犯意識が求められます。 ■施術トラブルを発生させないように従業員には一対一で教える 自宅サロンの施術トラブルを防ぐためには、まずそのサロン自体が合法的に開業しているのかをチェックすることで余計なトラブルを避ける事ができます。自宅サロンの場合、料金設定が明瞭化されていないことから、料金トラブルに発展するケースが多発しています。 中には外国人による違法なサロンもあるため、労働環境や部屋の様子を契約をする前にチェックするようにしたいものです。高級マンションの一室を使用して開業している自宅サロンは、口コミで広がるところも少なくありません。 すでに利用している方の紹介を受けてサロンを利用したほうが安全であるだけでなく、紹介者の名前を汚すようなことをしないために確かな施術を提供してくれます。

人材不足も技術力低下も招かないエステ経営の秘訣

■エステサロンにおける人材不足の悩みについて エステサロンでは、人材不足が深刻な問題になっています。利用客がいるにもかかわらず、施術をすることができるスタッフが不足しています。そのため経営が困難になってきているのです。夏にかけて、脱毛を利用する客は多くいます。 身体のデリケートな部分や手の届かない場所の脱毛は、エステを利用すると楽に脱毛ができるため、需要が高くあります。また、ブライダルなどの大事なイベントの前にきれいになるためにエステを利用する人は少なくありません。 需要があるにも関わらず、人材不足が起こっているのには、従業員の働く環境に原因があります。従業員は一生懸命に働くものの、昇進する機会や技術力を向上させる場がありません。そのため、モチベーションを維持することが難しいのです。 かろうじて働き続ける人を除けば、多くのエステティシャンが職場を離れています。そのために人材不足が、急速に進んでいるのです。十分な人材がいなければ、客はサロンを利用できなくなります。 ■サロン内で従業員が成長できる環境を作ることの重要性について 現在サロンで働いている従業員は、モチベーションを維持することが難しいとされています。そのために人材不足が起こっています。人材不足を解決するためには、サロン内で従業員が成長できる環境を作ることが重要です。既に持っている技術だけを使って施術を行うのではなく、最新の技術を身につけられるように、サロンでは新しい講座を開く必要があります。 そこで新しく身に付けた技術を使ってエステを行えば、従業員は満足して喜ぶ客の顔を見ることができます。客が満足することで、従業員は自信につながり、また挑戦したいと思うようになります。 成長する場がなければ、従業員は後退していき、モチベーションも下がります。人材不足を解決するためには、エステサロン内の変革が必要です。

エステの廃業数の多さは経営を見直す良い機会にせよ

■エステの廃業数から考える経営の悩み 近年では特に女性をターゲットとして運営しているエステサロンなどが毎年数多く新規開店が行われています。全国的な規模で見た場合では全国に約26000件ものサロンが存在しているとも言われているものですが、その一方でほぼ同じ数の店舗の廃業数を誇っていることでも知られています。しかし、エステサロンは常に一定の需要があるもので、特に女性の間では常に話題になるような人気の業種の一つとしても挙げることができます。 この現状からせっかく開業したサロンをできるだけ長い期間にわたって営業を続けるためには一定の知識を持って営業努力を行うことも必要とされています。 廃業数をできるだけ少なくすることが業界でも必要となる部分になり、その理由としては利用者を常に安定したサービスの提供を行うことが必要とされていて、急に廃業してしまうことのないように配慮することが求められています。 経営に関しては、売上げ高だけを見るのではなく、経営することで掛かる費用も考えることも必要になります。 ■利益を上げる事と顧客満足度を得る上で必要な事 女性に人気のあるエステサロンは年間の廃業数も多いことでも知られています。有名な大手サロンであっても、急に廃業に陥ってしまうことも実際に起きていることが現実で、利用している方のことを考えた場合では、早急に対策を行うことが必要になります。 その解決策としては、常に安定経営を続けることが求められているもので、小規模なエステサロンであっても、定期的に利用して頂くことのできる顧客を確保することが必要になります。 そのためには徹底したサービスを提供することが必要になり、例えば衛生面も充実させることは勿論ですが、接客態度なども見直すことも必要です。一度利用して下さった方が、再び足を運んでくれるようなお店作りを行うことが何よりです。

サロンの離職率を上げないために必要な配慮とは

■頭を悩ませる!サロンの離職率について 女性に人気のある職業の一つにエステサロンのスタッフがあります。華々しい職場で身綺麗に整えた制服や美容に時間がとれるなど良い面も多く、手に職を得られると憧れをもって就職する人が増えています。しかし現実は憧れのサロンスタッフになったはいいけれど就業時間や取得する技術に必要な勉強や実技・講習など多忙を極めそれについていけず離職する人が多いのが現状です。 営業時間中にはお客様への接客・施術が行われる為、練習や新しい技術を習得するには就業時間の1時間以上前に出勤したり営業時間後の時間に居残りをして実技を勉強していくしかありません。また筆記などは自宅に帰ってから個人で励んだりと一人前になるまでにはそれなりの覚悟が必要になってきます。 このような多忙を極める毎日に辞める人が後をたちません。経営側は離職率に悩むとともに長期で働くスタッフの不足にも頭を悩ませています。高い離職率を少しでも緩和すべくサロン側がどのような配慮を行えるかが課題になっています。 ■押させておきたい!従業員が満足して働ける環境を整えることの重要性 高い離職率をサロン側がどのように緩和すべきか、技術を習得してもらいたい経営者側としては頭を悩ませるところだと思います。ではどのように解決していくか糸口を見つけていきましょう。 まず第一に長い就業時間ですが、スタッフ同士で練習日を決めて交代制で行っていけるような時間割を決めたり、残業禁止デイを設けるなどしてメリハリをつけ就業・技術習得意欲をスタッフが失わないように出来る様な環境を整えましょう。 第二に現在のサロンでは接客・施術・営業など全部一人で受け持つスタッフが多いように見受けられます。受付・施術・営業と仕事を分けて一人一人が抱える仕事を分散させ負担を減らすのも効果的に考えられます。 このような事を実現させるには今までより多くの人件費や経費が一時的に増える可能性がありますが、長期的に見ると長く務めるスタッフが増える事によって離職率も減り、サロン側の技術や集客も増え利益につながる見込みがあります。

即戦力を望めないホームサロンは人材育成でカバー

■人材不足になりがちなホームサロンの人材育成の悩み エステのお仕事は、人に美しさや自信を取り戻してあげるとともに、癒しやヒーリングを与えストレスを解消させてあげられる素敵な職業と言えます。ストレスの多い現代社会においてその存在意義は非常に大きいものとなっています。 大手エステサロンで長年勤め上げ技術や知識、ノウハウを習得し、将来は自宅でホームサロンを営業し、独立開業しようと考える女性も多いものです。ホームサロンは自宅の余っている一室をサロンに改装し、経営を始められるので資金を節約でき、女性でも比較的始めやすい経営だと言えます。 しかしホームサロンの経営者はその資金不足から多くの人材を雇うことができません。そのためエステの施術だけでなく、雑用や経理、宣伝広告まで限られたスタッフに業務をお願いしなければいけないのです。 そのため人材育成に時間や経費をかける余裕もなく、人材育成は後回しに、即戦力になってくれて教育の手間隙がかからないスタッフを希望しがちになるのです。しかしホームサロンと言う小さな個人経営店には、エステ施術以外に何でも万能に様々な仕事をこなしてくれる人材は待っていてもなかなかやって来ないのが悩みの種なのです。 ■思っている通りの人材を待つより希望の人材を育てることのススメ 確かに個人経営のホームサロンにエステ施術もでき経理や雑用、広報まで何でもこなせるスペシャリストな人材は待っていても来ないものです。人材育成の手間隙や経費を惜しんでいても、こうしたスペシャリストな人材は来てはくれないので、経営者が自ら人材育成をかってでて、希望に沿う人材を育成していくしかありません。 エステの施術がおぼつかないスタッフであっても、やる気や根性、忍耐強さや学ぶことへの積極性がある子なら、必ず時間やお金をかけ教育しただけの成果や成長をみることができるはずです。 また将来自分にも夢があり、自分もホームサロンの経営者になりたい夢を持っている子を雇えば、仕事に対する姿勢や心構えは教育しなくても真剣そのもので、教えたことをスポンジのようにどんどん習得していくことでしょう。

自宅サロンの資金繰りで失敗しないための必要な工夫

■自宅サロンと資金繰りについて 近年ではエステに関することが流行していることもあって、常に注目されている分野になります。そんな中、自宅サロンとして開業する場合では、その資金繰りについて問題となることがあります。 サロンを開業するためには、施術する内容によっても異なりますが、所定の資格を必要としているものもあり、医療行為を行うことはできません。また、資金繰りについては例えば美容関連のエステの場合では、中には高額な機器を導入することが必要になる場面もあり、同時に施術台やカウンター、洗面所やトイレなどの設置も必要になります。 また、自宅サロンの場合では集客する能力も考える必要があり、広く宣伝を行うためには一定の費用が必要になります。利用者が増えていった場合では、他にスタッフを雇い入れることも必要なケースもあり、人件費が掛かることになります。毎日営業をしていると、光熱費なども掛かるために、自宅を利用する場合であっても、常に必要としている資金を考えることが必要です。 ■人件費の見直しや消耗品にムダが無いかの確認は常に必要 自宅サロンを運営していて、後に資金繰りについて問題になった場合では、早急に対策をとることが求められています。利用者の中には定期的に通うことを行っている方もいるために、サロンの都合によって急に閉店となってしまった場合では、トラブルに発展してしまう可能性を持っています。 解決策としては、無駄を省くことが何より大切になり、例えば自宅サロン内で使用している照明器具をLED電球へと変更したり、水道設備などもエコ仕様のタイプに変更して、できるだけ光熱費を削減することも良い方法です。 また、不要なスタッフを雇入れることも見直すことが良い手段でもあり、例えば雇用時間を利用者が集中する時間帯に限定するなどの対策が必要になります。 >>人件費削減、クオリティ向上、有益なメリットがあるコラーゲンマシン

エステの将来像は既存顧客も重視した計画を立てて

■エステサロン経営で既存顧客を大切にしつつ新しい層の開拓方法に関する悩み エステサロン業界は今のところ好調で活気があります。それは美しくデザインされた看板・広告・ウェブサイトなどからもうかがうことができます。非常に華やいだイメージであり、女性に健康的な美しさと美を授ける魅力的な業種です。まだまだ成長に伸びしろのある分野といえるでしょう。 しかし経済停滞が長引いており、この業界のサービスは比較的高額なため、いずれ消費者が財布のひもを締める対象となりかねません。とくに先行き不透明な契約社員しか経験したことがない、という若い世代にはエステのサービスを利用したことがない人も大勢いるはずです。その人達が将来の新規顧客になり得るのでしょうか。 また既存顧客もいつまでリピート利用してくれるのでしょうか。好調のうちにこそ将来の指針を正しく定めておく必要があります。そのための戦略は、既存顧客を大切にしつつ、新規顧客獲得を狙うというオーソドックスな取り組みを愚直に続けるしかありません。今後の検討課題は、それをどのようにおこなうかです。 ■一変に大きく変えると既存顧客が一気に離れて行ってしまうリスク エステティックサロンの今後の成長戦略は、やはり既存顧客をつかんで離さないこと、新規顧客を獲得すること、に尽きます。各社ともウェブサイトでの露出度を高めています。その方向性は正しく、マーケティング戦略である「AISASの法則」の導入部分まではおおむね成功しています。 つまり「Attention:サービスのことを知り」「Intersting:関心を持つ」「Search:検索をしてみる」まではできています。今後は「Action:サービスを購入する」「Share:口コミ情報を共有する」に力を入れる必要があるでしょう。 特に「Share」する場をどのように確保するかを検討し、成功すれば顧客の新規獲得が見込めます。また客層においては、自分自身に自由に投資できる若い層が減る傾向になるので、エステサロンに迎える女性の年齢層を広げていき、中高年女性が積極的に利用するサービスを開発する必要があるでしょう。

エステの新規顧客の獲得は費用をかけなくても出来る

■エステサロンにおける新規顧客を開拓する方法について エステサロンではとてもたくさんの機器や商品を用意してお客さんへ提供することとなるため、たくさんの費用がかかることも多くあります。特に商品や料金の改定を行った際には、経費も多くなってしまうことも珍しくありません。 新規顧客を開拓していくためには、今までよりもサービス内容を向上させたり料金の改定などを行う必要があり、ライバル店との違いをアピールすることも大切なこととなります。ですがどんなに充実させても、エステを必要とする多くの方に知ってもらう機会がなければ、なかなか新規顧客を獲得することはできません。 宣伝広告に費用をかけることで知ってもらうことは可能となりますが、このような費用はとても大きな金額を必要とすることも多い上、必要としている方へ適切に届いているかは疑問も残ります。 そのため新規顧客を獲得していくためには、エステを必要としている方に満足できるサービスを行っていることを知ってもらうことが課題となっており、適切な方法を検討していく必要があります。 ■口コミや広告などが基本的な方法! 必要な方に必要な情報を提供していくには、インターネットを活用するのも選択肢の一つとなります。最近は若者を中心にネットの活用が増え、様々なサイトにおいて美容関連の広告を見かけることも多くなりました。 このようなサイトへ広告を出稿することは、とても効果的で集客率も高くなるため、多くの企業がサイト内広告を利用するようになっています。ですが競合することも多いためその費用は高額となりがちです。このような際には口コミサイトや比較サイトを利用するのが、費用をかけずに新規顧客を獲得していくポイントとなります。 このようなサイトではエステに興味を持っている方がとても多くアクセスするため、必要な方へ情報を提供することができます。有効な集客が見込めるため、新規顧客を開拓していく良い方法となっています。

サロン経営はスタッフの教育と働きやすさを考えて

■サロンのスタッフの教育についての悩み 美容室、ネイルサロン、エステサロンなどで、スタッフのことで悩むオーナーは少なくありません。顧客を増やして店の売り上げを上げていくためにはスタッフの笑顔は欠かせません。 はじめにきちんと教育を受けて、お客様と笑顔で接し、技術も高めていこうと頑張っていても時間がたつとモチベーションが下がってしまい、顧客数も伸び悩み、本人もやめたいということになってくるのです。 その原因はどこにあるのでしょうか。「立ち仕事で疲れる」「仕事に見合った給料がもらえない」などの理由もあるでしょうが、職場の雰囲気や他のスタッフたち、オーナーなどとうまくコミュニケーションがとれていないということも原因になるのではないでしょうか。 またオーナーの教育の仕方が本人にあっていなくて モチベーションが下がってやる気をなくしてきたということもあるでしょう。ではオーナーはどのように指導、教育をし、付き合い方をどのようにすればスタッフのモチベーションが上がって仕事にやる気を持ってくれるのでしょうか。 ■年代が違う人にはかける言葉に気をつけ自発的に成長できる様にするのが重要 美容関係、癒し関係のサロンでは、髪をカットしたり、マッサージをしたり、化粧をしたりして何らかの施術をするにあたって技能が必要になってきます。また知識もしっかり身に付けてお客様に自信を持って話すことができないといけません。またお客様に対する言葉がけや表情は丁寧で、柔らかいものでないといけません。 だから知識、技能、人間性の3つの面を育成していく必要があるのです。スタッフの教育はオーナーが自ら行うこともあれば、研修の専門機関で行われることもあります。しかし常に接するのはオーナーです。なにか注意をするにしてもオーナーの言葉がけの仕方ひとつでスタッフのモチベーションが上がったり下がったりするものです。 頭ごなしに注意するのではなく、自ら「頑張ろう」「気を付けてみよう」と思えるような言葉がけも大切なことです。スタッフが笑顔で仕事をすると売り上げアップにつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ