ホームサロンは景気に影響されない利用者重視の営業で

Archive List for January 2015

ホームサロンは景気に影響されない利用者重視の営業で

■ホームサロンと景気に関する悩み ホームサロンを運営する場合では、景気などについて影響を受けてしまうことがあります。特に税金の支払いなどの負担が増えてしまっている昨今では、各家庭では出費をなるべく抑えることも行われており、余計なものにお金を費やすことをせずに節約生活を送ることも珍しいことではありません。 そんな中、ホームサロンの経営としてはできるだけ景気に関係無く運営することを目的としているケースも多く、特に女性に対しては毎日のケアなどを行うことになるために、できるだけコストパフォーマンスに優れているサービスを提供することも必要とされています。 売上げが大きく落ち込んでしまった場合では、後に廃業をしてしまう可能性も持っているために、アイデアを出しながら経営を続けていくことも求められています。特に売り上げ管理に関しては、諸経費を含めてしっかりと管理することが必要とされていて、利用者にとって安心することのできるサロン作りを行うことも大切です。 ■大手にはない固定客をいかに獲得するかが勝負! 景気によって左右されてしまうようなホームサロンの場合では、利用者に快適に利用してもらうことが困難になってしまう可能性も持っています。安定した経営を続けていき、顧客を確保していくためには、一定の努力を積み重ねていくことも大切です。 例えば大手のサロンの場合では、インターネットや各種広告媒体を利用して、派手に宣伝を行っているシーンを目にすることができます。しかし、ホームサロンの場合では資金的な面では太刀打ちすることが難しい傾向にあります。 そこで、パソコンなどを利用して、アットホーム感が盛り込まれて前に出ているようなお洒落なチラシを作成し、広くポスティングなどを行って地道に宣伝を行うこともおすすめの方法になります。

自宅サロンの施術トラブルは普段の防犯で防ごう

■自宅サロンと施術トラブルの悩みについて 自宅サロンは、マンションの一室を使用した個人経営の美容サロンです。最近社会問題化しているのは、就労許可を得ていない外国人が、自宅のマンションを利用して自宅サロンを開いているケースです。 彼らが主な摘発対象となっていますが、もぐらたたきのような状態で違法な自宅サロンは後を絶たない状態です。また、マンションの一室を使ってサロンを開いていることから、なかなか捕まりにくいという性質を持ち合わせています。さらに、施術トラブルの発生も後を絶たない状況にあります。 施術トラブルが発生し、消費者センターに問い合わせたところ、そのサロン自体が違法操業であったというケースが相次いでいます。 近所のマンションで外国人の出入りが激しい所があれば、一度相談という形で警察に通報し、近所の目を張り巡らせて置くことが違法開業の抑止につながります。特に都会ではマンションの一室を使用しているので、近所の防犯意識が求められます。 ■施術トラブルを発生させないように従業員には一対一で教える 自宅サロンの施術トラブルを防ぐためには、まずそのサロン自体が合法的に開業しているのかをチェックすることで余計なトラブルを避ける事ができます。自宅サロンの場合、料金設定が明瞭化されていないことから、料金トラブルに発展するケースが多発しています。 中には外国人による違法なサロンもあるため、労働環境や部屋の様子を契約をする前にチェックするようにしたいものです。高級マンションの一室を使用して開業している自宅サロンは、口コミで広がるところも少なくありません。 すでに利用している方の紹介を受けてサロンを利用したほうが安全であるだけでなく、紹介者の名前を汚すようなことをしないために確かな施術を提供してくれます。

人材不足も技術力低下も招かないエステ経営の秘訣

■エステサロンにおける人材不足の悩みについて エステサロンでは、人材不足が深刻な問題になっています。利用客がいるにもかかわらず、施術をすることができるスタッフが不足しています。そのため経営が困難になってきているのです。夏にかけて、脱毛を利用する客は多くいます。 身体のデリケートな部分や手の届かない場所の脱毛は、エステを利用すると楽に脱毛ができるため、需要が高くあります。また、ブライダルなどの大事なイベントの前にきれいになるためにエステを利用する人は少なくありません。 需要があるにも関わらず、人材不足が起こっているのには、従業員の働く環境に原因があります。従業員は一生懸命に働くものの、昇進する機会や技術力を向上させる場がありません。そのため、モチベーションを維持することが難しいのです。 かろうじて働き続ける人を除けば、多くのエステティシャンが職場を離れています。そのために人材不足が、急速に進んでいるのです。十分な人材がいなければ、客はサロンを利用できなくなります。 ■サロン内で従業員が成長できる環境を作ることの重要性について 現在サロンで働いている従業員は、モチベーションを維持することが難しいとされています。そのために人材不足が起こっています。人材不足を解決するためには、サロン内で従業員が成長できる環境を作ることが重要です。既に持っている技術だけを使って施術を行うのではなく、最新の技術を身につけられるように、サロンでは新しい講座を開く必要があります。 そこで新しく身に付けた技術を使ってエステを行えば、従業員は満足して喜ぶ客の顔を見ることができます。客が満足することで、従業員は自信につながり、また挑戦したいと思うようになります。 成長する場がなければ、従業員は後退していき、モチベーションも下がります。人材不足を解決するためには、エステサロン内の変革が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ