エステの廃業数の多さは経営を見直す良い機会にせよ

Archive List for December 2014

エステの廃業数の多さは経営を見直す良い機会にせよ

■エステの廃業数から考える経営の悩み 近年では特に女性をターゲットとして運営しているエステサロンなどが毎年数多く新規開店が行われています。全国的な規模で見た場合では全国に約26000件ものサロンが存在しているとも言われているものですが、その一方でほぼ同じ数の店舗の廃業数を誇っていることでも知られています。しかし、エステサロンは常に一定の需要があるもので、特に女性の間では常に話題になるような人気の業種の一つとしても挙げることができます。 この現状からせっかく開業したサロンをできるだけ長い期間にわたって営業を続けるためには一定の知識を持って営業努力を行うことも必要とされています。 廃業数をできるだけ少なくすることが業界でも必要となる部分になり、その理由としては利用者を常に安定したサービスの提供を行うことが必要とされていて、急に廃業してしまうことのないように配慮することが求められています。 経営に関しては、売上げ高だけを見るのではなく、経営することで掛かる費用も考えることも必要になります。 ■利益を上げる事と顧客満足度を得る上で必要な事 女性に人気のあるエステサロンは年間の廃業数も多いことでも知られています。有名な大手サロンであっても、急に廃業に陥ってしまうことも実際に起きていることが現実で、利用している方のことを考えた場合では、早急に対策を行うことが必要になります。 その解決策としては、常に安定経営を続けることが求められているもので、小規模なエステサロンであっても、定期的に利用して頂くことのできる顧客を確保することが必要になります。 そのためには徹底したサービスを提供することが必要になり、例えば衛生面も充実させることは勿論ですが、接客態度なども見直すことも必要です。一度利用して下さった方が、再び足を運んでくれるようなお店作りを行うことが何よりです。

サロンの離職率を上げないために必要な配慮とは

■頭を悩ませる!サロンの離職率について 女性に人気のある職業の一つにエステサロンのスタッフがあります。華々しい職場で身綺麗に整えた制服や美容に時間がとれるなど良い面も多く、手に職を得られると憧れをもって就職する人が増えています。しかし現実は憧れのサロンスタッフになったはいいけれど就業時間や取得する技術に必要な勉強や実技・講習など多忙を極めそれについていけず離職する人が多いのが現状です。 営業時間中にはお客様への接客・施術が行われる為、練習や新しい技術を習得するには就業時間の1時間以上前に出勤したり営業時間後の時間に居残りをして実技を勉強していくしかありません。また筆記などは自宅に帰ってから個人で励んだりと一人前になるまでにはそれなりの覚悟が必要になってきます。 このような多忙を極める毎日に辞める人が後をたちません。経営側は離職率に悩むとともに長期で働くスタッフの不足にも頭を悩ませています。高い離職率を少しでも緩和すべくサロン側がどのような配慮を行えるかが課題になっています。 ■押させておきたい!従業員が満足して働ける環境を整えることの重要性 高い離職率をサロン側がどのように緩和すべきか、技術を習得してもらいたい経営者側としては頭を悩ませるところだと思います。ではどのように解決していくか糸口を見つけていきましょう。 まず第一に長い就業時間ですが、スタッフ同士で練習日を決めて交代制で行っていけるような時間割を決めたり、残業禁止デイを設けるなどしてメリハリをつけ就業・技術習得意欲をスタッフが失わないように出来る様な環境を整えましょう。 第二に現在のサロンでは接客・施術・営業など全部一人で受け持つスタッフが多いように見受けられます。受付・施術・営業と仕事を分けて一人一人が抱える仕事を分散させ負担を減らすのも効果的に考えられます。 このような事を実現させるには今までより多くの人件費や経費が一時的に増える可能性がありますが、長期的に見ると長く務めるスタッフが増える事によって離職率も減り、サロン側の技術や集客も増え利益につながる見込みがあります。

即戦力を望めないホームサロンは人材育成でカバー

■人材不足になりがちなホームサロンの人材育成の悩み エステのお仕事は、人に美しさや自信を取り戻してあげるとともに、癒しやヒーリングを与えストレスを解消させてあげられる素敵な職業と言えます。ストレスの多い現代社会においてその存在意義は非常に大きいものとなっています。 大手エステサロンで長年勤め上げ技術や知識、ノウハウを習得し、将来は自宅でホームサロンを営業し、独立開業しようと考える女性も多いものです。ホームサロンは自宅の余っている一室をサロンに改装し、経営を始められるので資金を節約でき、女性でも比較的始めやすい経営だと言えます。 しかしホームサロンの経営者はその資金不足から多くの人材を雇うことができません。そのためエステの施術だけでなく、雑用や経理、宣伝広告まで限られたスタッフに業務をお願いしなければいけないのです。 そのため人材育成に時間や経費をかける余裕もなく、人材育成は後回しに、即戦力になってくれて教育の手間隙がかからないスタッフを希望しがちになるのです。しかしホームサロンと言う小さな個人経営店には、エステ施術以外に何でも万能に様々な仕事をこなしてくれる人材は待っていてもなかなかやって来ないのが悩みの種なのです。 ■思っている通りの人材を待つより希望の人材を育てることのススメ 確かに個人経営のホームサロンにエステ施術もでき経理や雑用、広報まで何でもこなせるスペシャリストな人材は待っていても来ないものです。人材育成の手間隙や経費を惜しんでいても、こうしたスペシャリストな人材は来てはくれないので、経営者が自ら人材育成をかってでて、希望に沿う人材を育成していくしかありません。 エステの施術がおぼつかないスタッフであっても、やる気や根性、忍耐強さや学ぶことへの積極性がある子なら、必ず時間やお金をかけ教育しただけの成果や成長をみることができるはずです。 また将来自分にも夢があり、自分もホームサロンの経営者になりたい夢を持っている子を雇えば、仕事に対する姿勢や心構えは教育しなくても真剣そのもので、教えたことをスポンジのようにどんどん習得していくことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ