自宅サロンの資金繰りで失敗しないための必要な工夫

Archive List for November 2014

自宅サロンの資金繰りで失敗しないための必要な工夫

■自宅サロンと資金繰りについて 近年ではエステに関することが流行していることもあって、常に注目されている分野になります。そんな中、自宅サロンとして開業する場合では、その資金繰りについて問題となることがあります。 サロンを開業するためには、施術する内容によっても異なりますが、所定の資格を必要としているものもあり、医療行為を行うことはできません。また、資金繰りについては例えば美容関連のエステの場合では、中には高額な機器を導入することが必要になる場面もあり、同時に施術台やカウンター、洗面所やトイレなどの設置も必要になります。 また、自宅サロンの場合では集客する能力も考える必要があり、広く宣伝を行うためには一定の費用が必要になります。利用者が増えていった場合では、他にスタッフを雇い入れることも必要なケースもあり、人件費が掛かることになります。毎日営業をしていると、光熱費なども掛かるために、自宅を利用する場合であっても、常に必要としている資金を考えることが必要です。 ■人件費の見直しや消耗品にムダが無いかの確認は常に必要 自宅サロンを運営していて、後に資金繰りについて問題になった場合では、早急に対策をとることが求められています。利用者の中には定期的に通うことを行っている方もいるために、サロンの都合によって急に閉店となってしまった場合では、トラブルに発展してしまう可能性を持っています。 解決策としては、無駄を省くことが何より大切になり、例えば自宅サロン内で使用している照明器具をLED電球へと変更したり、水道設備などもエコ仕様のタイプに変更して、できるだけ光熱費を削減することも良い方法です。 また、不要なスタッフを雇入れることも見直すことが良い手段でもあり、例えば雇用時間を利用者が集中する時間帯に限定するなどの対策が必要になります。 >>人件費削減、クオリティ向上、有益なメリットがあるコラーゲンマシン

エステの将来像は既存顧客も重視した計画を立てて

■エステサロン経営で既存顧客を大切にしつつ新しい層の開拓方法に関する悩み エステサロン業界は今のところ好調で活気があります。それは美しくデザインされた看板・広告・ウェブサイトなどからもうかがうことができます。非常に華やいだイメージであり、女性に健康的な美しさと美を授ける魅力的な業種です。まだまだ成長に伸びしろのある分野といえるでしょう。 しかし経済停滞が長引いており、この業界のサービスは比較的高額なため、いずれ消費者が財布のひもを締める対象となりかねません。とくに先行き不透明な契約社員しか経験したことがない、という若い世代にはエステのサービスを利用したことがない人も大勢いるはずです。その人達が将来の新規顧客になり得るのでしょうか。 また既存顧客もいつまでリピート利用してくれるのでしょうか。好調のうちにこそ将来の指針を正しく定めておく必要があります。そのための戦略は、既存顧客を大切にしつつ、新規顧客獲得を狙うというオーソドックスな取り組みを愚直に続けるしかありません。今後の検討課題は、それをどのようにおこなうかです。 ■一変に大きく変えると既存顧客が一気に離れて行ってしまうリスク エステティックサロンの今後の成長戦略は、やはり既存顧客をつかんで離さないこと、新規顧客を獲得すること、に尽きます。各社ともウェブサイトでの露出度を高めています。その方向性は正しく、マーケティング戦略である「AISASの法則」の導入部分まではおおむね成功しています。 つまり「Attention:サービスのことを知り」「Intersting:関心を持つ」「Search:検索をしてみる」まではできています。今後は「Action:サービスを購入する」「Share:口コミ情報を共有する」に力を入れる必要があるでしょう。 特に「Share」する場をどのように確保するかを検討し、成功すれば顧客の新規獲得が見込めます。また客層においては、自分自身に自由に投資できる若い層が減る傾向になるので、エステサロンに迎える女性の年齢層を広げていき、中高年女性が積極的に利用するサービスを開発する必要があるでしょう。

エステの新規顧客の獲得は費用をかけなくても出来る

■エステサロンにおける新規顧客を開拓する方法について エステサロンではとてもたくさんの機器や商品を用意してお客さんへ提供することとなるため、たくさんの費用がかかることも多くあります。特に商品や料金の改定を行った際には、経費も多くなってしまうことも珍しくありません。 新規顧客を開拓していくためには、今までよりもサービス内容を向上させたり料金の改定などを行う必要があり、ライバル店との違いをアピールすることも大切なこととなります。ですがどんなに充実させても、エステを必要とする多くの方に知ってもらう機会がなければ、なかなか新規顧客を獲得することはできません。 宣伝広告に費用をかけることで知ってもらうことは可能となりますが、このような費用はとても大きな金額を必要とすることも多い上、必要としている方へ適切に届いているかは疑問も残ります。 そのため新規顧客を獲得していくためには、エステを必要としている方に満足できるサービスを行っていることを知ってもらうことが課題となっており、適切な方法を検討していく必要があります。 ■口コミや広告などが基本的な方法! 必要な方に必要な情報を提供していくには、インターネットを活用するのも選択肢の一つとなります。最近は若者を中心にネットの活用が増え、様々なサイトにおいて美容関連の広告を見かけることも多くなりました。 このようなサイトへ広告を出稿することは、とても効果的で集客率も高くなるため、多くの企業がサイト内広告を利用するようになっています。ですが競合することも多いためその費用は高額となりがちです。このような際には口コミサイトや比較サイトを利用するのが、費用をかけずに新規顧客を獲得していくポイントとなります。 このようなサイトではエステに興味を持っている方がとても多くアクセスするため、必要な方へ情報を提供することができます。有効な集客が見込めるため、新規顧客を開拓していく良い方法となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ