サロン経営はスタッフの教育と働きやすさを考えて

Archive List for October 2014

サロン経営はスタッフの教育と働きやすさを考えて

■サロンのスタッフの教育についての悩み 美容室、ネイルサロン、エステサロンなどで、スタッフのことで悩むオーナーは少なくありません。顧客を増やして店の売り上げを上げていくためにはスタッフの笑顔は欠かせません。 はじめにきちんと教育を受けて、お客様と笑顔で接し、技術も高めていこうと頑張っていても時間がたつとモチベーションが下がってしまい、顧客数も伸び悩み、本人もやめたいということになってくるのです。 その原因はどこにあるのでしょうか。「立ち仕事で疲れる」「仕事に見合った給料がもらえない」などの理由もあるでしょうが、職場の雰囲気や他のスタッフたち、オーナーなどとうまくコミュニケーションがとれていないということも原因になるのではないでしょうか。 またオーナーの教育の仕方が本人にあっていなくて モチベーションが下がってやる気をなくしてきたということもあるでしょう。ではオーナーはどのように指導、教育をし、付き合い方をどのようにすればスタッフのモチベーションが上がって仕事にやる気を持ってくれるのでしょうか。 ■年代が違う人にはかける言葉に気をつけ自発的に成長できる様にするのが重要 美容関係、癒し関係のサロンでは、髪をカットしたり、マッサージをしたり、化粧をしたりして何らかの施術をするにあたって技能が必要になってきます。また知識もしっかり身に付けてお客様に自信を持って話すことができないといけません。またお客様に対する言葉がけや表情は丁寧で、柔らかいものでないといけません。 だから知識、技能、人間性の3つの面を育成していく必要があるのです。スタッフの教育はオーナーが自ら行うこともあれば、研修の専門機関で行われることもあります。しかし常に接するのはオーナーです。なにか注意をするにしてもオーナーの言葉がけの仕方ひとつでスタッフのモチベーションが上がったり下がったりするものです。 頭ごなしに注意するのではなく、自ら「頑張ろう」「気を付けてみよう」と思えるような言葉がけも大切なことです。スタッフが笑顔で仕事をすると売り上げアップにつながります。

場所で不利なホームサロンは環境作りで顧客ゲット

■ホームサロンを開く上で適した場所とは 自宅を改装して開業するホームサロンを開きたいと考える方は多いです。ヨガやエステ、ネイルサロン、お料理教室、ベビーマッサージなどの色々な教室など自宅にいながら働けるので、外で働きに行くことが難しい出産後の方や育児中の主婦の方などに人気があります。 しかしホームサロンというのはどうやって開いたら良いのか分からない部分が多いのではないでしょうか。ホームサロンの内容、月謝、通いやすい場所など考える事は沢山あります。 内容については自分の得意な内容で開きますし、月謝などの金額はだいたいの相場を調べてみると平均的なものが分かりますので、ホームサロンということを考慮して決めると良いです。しかし場所は対象とするお客さんが居心地の良い環境を作ることがカギとなります。 場所は自宅ということになるので、立地を変えることは難しいですが、お客さんが居心地の良い環境というのはどういったものなのか、また、休日などに他の家族がいる場合はどうすれば良いのか、色々と分からない点が多いです。 ■人気が多い場所を選ぶのが吉! ホームサロンの内容やどのようなお客さんをターゲットにするかにもよりますが、例えばベビーマッサージなどは赤ちゃんの他に育児中の小さなお子さんを連れてくる場合もあります。 子供が小さいうちは色々とストレスをためたりする事もあるので、同じように育児をしている方とコミュニケーションを取る事が出来る場所と考えると、子連れで通うことができる環境はありがたいです。 他の小さい子供のためにもキッズスペースや授乳スペースを設けると子供がぐずってもすぐに対応できますので、お客さんも安心して通うことができそうですね。 また休日など自分の家族が他にもいる場合は、お客さんが気を遣ってくつろげない場合もありますので、平日のみ開くなど工夫すると良いですね。また車社会の場合は駐車場などを事前に調べておいて案内することも大切なポイントとなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ