ホームサロンで化粧品の物販を始める時に大切なこと

Archive List for July 2014

ホームサロンで化粧品の物販を始める時に大切なこと

■ホームサロンで売っている化粧品が売れない 最近開業資金が安く抑えられることから、自宅の一室を利用してホームサロンを開いている女性が増えているようです。通って来られるお客様の立場でも、アットホームな雰囲気で安心できると高評価のようで、毎月の家賃に消える経費を削減できることから、手軽に開業できると増加傾向にあるようです。 ホームサロンは経費の削減という面においてはメリットがありますが、女性たちは癒しを求めてエステサロンを利用されています。あまりにも所帯じみたカラーが色濃く出ていることはタブーで、そういった線引きはきっちりと行うように心がけることが大切です。 サロン経営においては化粧品などの物販も売り上げアップにおいては重要なポイントとなりますが、この不景気とも言われている時代、なかなか高い化粧品は売れません。プロの目で選んだ高い結果が出せるものであっても、値段を聞いて断られることが多いようです。どうすれば物販の売り上げを伸ばすことができるのでしょうか。 ■化粧品の販売だけに頼った経営をしない事が第一 アットホームな雰囲気が良いと評判の高いホームサロン、経営者側も家賃という大きな経費が削減できることから、手軽に開業される女性が増えているようです。 エステサロンではお勧めの化粧品などを取り扱っていることも多いですが、物販に力を入れすぎると、エステ特有の強引な勧誘や押し売りと判断されて、客足が遠のいてしまう危険性もあります。 サロンなどで取り扱っている化粧品は、値段が高いからと敬遠されるようですが、本当にお肌を改善したいと強く願う女性ならばそこへの投資は惜しまないものです。 エステでの施術と併用してホームケアでお手入れをされると、短期間で改善が見込まれるということを説明し、納得された方にだけ使用してもらえれば良いと思いましょう。あくまでも施術をメインに経営は行うべきです。

自宅サロンでスタッフ育成に関するオーナーの注意点

■自宅サロンとスッタフ育成に関する悩みについて 近頃、開業資金が安く抑えられるからと、自宅の一室を利用してエステサロンを始める方が多いようです。自宅サロンは毎月の家賃がかからないという経費の削減以外にも、通勤に時間を取られない、仕事の合間に家のことも出来るなどのメリットもあり、小さいお子さんがいる女性など手軽にオープンする人もいるようです。 しかし自宅サロンといえどもお客様側からすれば、お金を払って癒しも含めたサービスを受けるエステという空間には他ならないので、そういった線引きはきっちりと行う必要があります。 サロン経営において重要なスタッフ育成にも、こういった公私混同のオーナーの態度は悪影響を及ぼします。スタッフ育成は、どの業界においても経営者が最も頭を悩ませる問題です。 人を育てるということは難しいもので、指示を出さなくても細かいところまで気が付くスタッフはなかなかいません。技術面が良ければいいという問題でもなくスタッフ同士の関係も難しいです。 ■スタッフ育成必要なのはコミュニケーションと忍耐力! 自宅サロンは、お客様にならともかく、スタッフにもアットホームな感覚を持たれすぎてしまう事があります。サロン経営において最も重要なスタッフ育成は、どの業界においても同様に難しいものです。 経営者側にすれば自分と同じような感覚の、高い技術力を持ちえたスタッフで揃えたいと願うものでしょう。しかしなかなかそうはいきません。指示待ちでなく、自分からお客様が求めていることは何かを考える力を付けさせ、どういったサロンであれば利用したいと思うのか、意見交換をしましょう。 スタッフ同士、お客様にも親しき中にも礼儀あり、これを徹底できる人材が必要です。技術面で差が出ることのないように、日々勉強と練習を徹底させましょう。

エステでメニュー以外でマンネリ解消を考えるなら

■エステサロンでよくある悩み!メニューのマンネリについて 女性の憧れでもあるエステ、より美しくなりたいと自分のお手入れに加えて利用している女性たちも多いようですが、かたやサロンを経営する側に回れば、集客や新しい技術の勉強など、いろいろと考えなければならないことも多く、非常に厳しい世界でもあるようです。 エステサロンにおいてメニューは非常に大切なものですが、どうしてもマンネリ化してしまうといった悩みを持つオーナーも多いようで、経営においてもこのメニュー作りは最も頭を悩ませる問題です。 売り上げが低迷してくると次々と新しいメニューを取り入れる経営者も多いですが、これはマンネリ化を防ぐことはできても結果としては良い方向へは行かないことが多いようです。自分のサロンを気に入って来店してくれている顧客を大切にしながら、かつ喜んでもらえる新企画はどういったものが適しているのでしょうか。 次々と登場する美容技術やケア用品の中から、何を基準に選択をすればいいのでしょうか。 ■大きなメニューの改善は固定客が離れてしまう可能性があるので注意が必要 エステサロン経営において、最も頭を悩ませるメニュー作り、お客様にマンネリ化を感じさせないためと新しいメニューを次々と取り入れることは、ごちゃごちゃといろいろなものを押し付けているようで、良い印象を持たれないことも多いようです。 お客様からの要望の多いもので、手軽な施術料金で試せるものをプラスしてみるのが最も良い取り入れ方ではないでしょうか。サロンには客層というものがあり、どういった年代の方が何を求めて来店されているのか、大体の傾向はわかります。 お客様との会話や施術の中で常にアンテナを張り巡らせ、これがあったらいいのにと考えていられるであろうことにポイントを絞り、試しやすい料金で設定すること、これらが重要ではないでしょうか。

年齢が若くても良いエステの経営をするには

■年齢が若い経営者がエステサロンを経営することの悩み 年齢が若い経営者がエステサロンを経営する時になかなか自分の思い通りの結果を出すことができないということがあります。これは経験という意味において、まだまだ知識が足りないといえばそれまでですが、結果が出ないことに理由はあるものです。 年齢が若い経営者の良くある悩みとしては従業員の仕事内容に満足できない、又はそれによって理想的なサービスを提供することができないなどがあります。基本的にエステサロンの立地が良い場所なら自然とお客さんが入ってくることは多いですが、やはり経営において重要なことはリピーターだと言えます。 何度も自分のエステサロンを利用してもらうにはサービス内容が充実していることは必要不可欠であり、ライバルが多い業界なだけにしっかりとサービス内容には重点を置いておきたいところです。 サービス内容を向上させるためには従業員の指導や教育がとても重要な要素となってくるので、しっかりと連携をとならなければなりません。 ■従業員とのコミュニケーションをちゃんと取ることからはじめましょう 年齢が若いエステサロンの経営者にとって、このような悩みをしっかりと解決するためには従業員とコミュニケーションをしっかりと取ることから始めると良いです。 経営者と従業員でしっかりとコミュニケーションを取ることで、働きやすい環境を作ることができますし、教育や指導についてもしっかりと自分の考えを伝えることができます。 若い年齢の経営者にとってこれはとても重要なことであり、従業員がエステサロンで働きやすいと感じるならば、それだけ良い雰囲気でお互いにコミュニケーションをとりやすくなりますし、それによってエステサロンのサービス向上に繋げていきたいところです。そうすれば、リピーターの数も徐々に増やす事ができます。

サロン顧客の新規開拓はスタッフにも配慮した方法で

■サロン経営する上で顧客の新規開拓をする方法について サロンを経営していく上で、もっとも難しいのが顧客の新規開拓です。というのも、サロンに定期的に通うようなお客様は、すでに行きつけを持っている場合がほとんどです。また、長期間営業し、ある程度、顧客が安定しているサロンというのは、口コミや評価が安定している、ということですので、ハズレはない、という認識をされていることが多いです。 すでに行きつけを持つお客様や、安定した評価をもつ店舗のお客様に、自分の経営するサロンのリピーターになってもらうには、戦略が必要となってきます。それは差別化です。 さらに細かく分けると、価格での差別化、サービス充実での差別化、他では受けられないメニューによる差別化の3つだと言えます。顧客の新規開拓には差別化!と簡単には言えますが、簡単に実行できたら苦労しませんよね。 この戦略には、一長一短がありますし、リスクがある、というのは事実です。それでも、差別化が顧客の新規開拓にもたらす効果は大きいものです。 ■大きなサービス内容の変更による新規開拓はリスクを伴うので注意が必要 顧客の新規開拓のためには差別化が必須です。そして、サロンを他店と差別化するために必要なのは、何をアピールするか?ということです。例としては、価格やサービス、メニューなどが挙げられます。 他にも、気軽に相談できる、というのもお客様としては嬉しいかもしれませんね。最後の気軽に、というのは、比較的簡単に実行できますが、価格やメニューといったものはなかなか変更がしにくいですし、特にメニューについては、リスクが伴います。 新しい機材の導入や、研修等も必要になるかもしれません。メニューによる差別化は、顧客の新規開拓のためには有効です。しかし、初期投資や経営状況、また従業員の方の状況などへの配慮が必要になります。様々なリスクを伴うので、注意することが必要ですね。

ホームサロンの施設限界の代わりに個性で集客を

■ホームサロンを経営する上で必要な施設についての悩み 女性が経営者になりやすいジャンルがあります。それは女性にとって最も関心が高い美容業界で独立開業することです。自分の興味の分野であるために仕事にも身が入り、興味をもって一生懸命仕事に取り組むことができます。 そして何よりお客様に綺麗になれた、痩せる事ができたと感激されることが何よりの喜びとなり、遣り甲斐を感じられる瞬間なのです。しかし女性がエステなどで独立開業する際に問題になるのが資金面です。エステティシャンで大手サロンで働いていたとしても、その貯えには限界があるものです。 そのため多くの女性がテナントを借りずに、ホームサロンとして独立開業するのです。しかしホームサロンは自宅の一室を利用して開業することが多く施設の広さに限界があり、施設に必要なエステ機材が搬入できないことがあるのです。 施術ベッドを置くだけで部屋は一杯になり、エステ機材も二つも入ればよいほうなのです。こうした環境下で充分な施術やサービスがお客様に提供できるのか悩みは尽きることがありません。 ■最低限の設備さえあればサービスでカバー可能 エステに訪れるお客様は何も最新気鋭のエステ機材で施術を受けたいために、わざわざ小さなホームサロンに出向いたりはしません。最新気鋭のエステ機材で施術を受けたければ、初めから大手のエステサロンに赴くはずなのです。 そこは自信を持って限られた施設、設備であっても堂々と一生懸命お客様に最高の施術やサービスを提供すれば良いのです。お客様がわざわざ小さなホームサロンに足を運んでくれるのは他に良い点があるからなのです。 例えば親身にニーズに耳を傾けてくれる、施術を時間を超過してもサービスでやってくれる、何より接客サービスが心地よく話していて楽しいなど、お客様は意外な部分に魅力を感じたり、安らぎを感じて足を運んでくれている可能性が高いのです。 経営者はそのことをしっかり見極め、自分の店の長所をさらに伸ばす努力をするべきだと言えます。

自宅サロンの店舗数計画は無理せず慎重に始めること

■自宅サロンの経営にて店舗数を増やす事への悩み 今ではサロンというのは様々な形で経営することができますが、自宅サロンという形で経営をすると、設備投資などにおいてはコストを下げることができるので、かなり便利なものです。 しかし、自宅サロンを経営する人にとって今後の経営の中で店舗数を増やしたいということがありますが、なかなか店舗数を増やすことは難しくなります。現在の自宅サロンはそのまま継続して経営するにしても、店舗数を増やすとなれば、当然ながら従業員の数が増えますし、設備投資も必要となってきます。 そもそも、資金がなければ実現することができないので、本当にしっかりと店舗数を増やすにあたって計画性を持つことが重要となってきます。しっかりと計画を持って店舗をたくさん持つことができるようになれば、収益という面では今以上に大きな利益の見込みがあります。 単にお店の数を増やせば利益が上がるとは限らないので、しっかりと内容から計画性を持っておくことが一番大切です。 ■人件費や設備費を考える事がはじめの一歩 自宅サロンの経営から店舗数をどのようにして増やすのかを考えるときですが、まずは人件費や設備費などからどのくらいのコストがかかるのかを把握したいところです。人件費も設備費も店舗数の数が多くなるほどコストは大きくなります。 そのため、自宅サロンを経営しながら店舗数を増やすなら、一つ一つお店を開業していくのが好ましくあります。同時に何店舗かを開業しますと、もし失敗したときにそのリスクが一気にやってくることがありえるので、自宅サロン自体の経営も危うくなる可能性があります。 まずは目先の目標として2店舗をどのようにして成功させるのか、コストを把握しながら経営の仕方を考えて、しっかりと計画性を立てておきたいものです。

エステの経営継続にはサービス料金以外の価値を

■キャンペーン時のサービス料金期間のみ顧客がつく悩みを抱えるエステサロン お客様が、キャンペーン時のサービス料金期間にしかエステサロンに足を運んでくれず、リピ-タ-になってその後も継続して通って頂けない事が多くあります。サービス料金期間だけ忙しくて、その期間が過ぎてしまうと顧客が来なくなってしまう原因は、集客や営業活動の他にも考えられます。 サービス料金期間に来て頂いたお客様にまずエステサロンの存在を知って頂く事が出来たならば、その時にエステについての興味を持って頂くようにしなくては次のリピ-トに繋がって行きません。 出来るだけキャンペーンや大々的な広告費をかけなくても、サロンを知って貰いたいと考えているお客様に知って頂ける方法を考えて行かなくてはいけません。出来るだけコンスタントにお客様に継続して来店して頂く為に、必要な集客ポイントはなんでしょうか? 競合店が多くある中でも、お客様に喜んで頂けるサ-ビスとは何かを明確にしていかなければ、この先の経営の維持も難しくなって行きます。 ■人に対してつくファンを作ることが重要! エステサロンのキャンペーン時のサービス料金期間だけしかお客様が足を運んで下さらないのには、技術の問題よりも、むしろ技術者の人となりがお客様に伝わらないと、また次もお願いしたいとは思っては頂けません。 技術力ももちろん大切ですが、お客様とのコミュニケーションがしっかりと取れていなければ、サービス料金期間だけのお付き合いで終わってしまいます。しっかりと一回一回、お客様一人一人と向き合い満足して頂ける施術を心がけ、エステ技術と自分自身に対してつくファンを作る事が重要なのです。 そうすればお客様のその時の希望や、お気持ちなどを感じ取りながら施術が出来、コミュニケーションを取る事が出来ます。サービス料金期間だけのお付き合いで終わらない為にも、自分磨きも大切な要素なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ