エステの顧客ターゲットは個人の対応レベルに合わせて

Archive List for April 2014

エステの顧客ターゲットは個人の対応レベルに合わせて

■エステサロンで顧客ターゲットを設定する上の悩み マンションの一室などから始められる、少人数を相手にするエステの開業を考える人は結構いるものです。そんな開業を考えている人がまず最初に悩むことが「開業をして、本当に商売としてやっていけるのであろうか」ということではないでしょうか。 開業するためにはお金が必要になります。借金をしてエステの開業をする場合もあるでしょう。借金をしたらお金を返していかなければならないため毎月、ある程度の収入が見込めなくてはなりません。この部分で自信がないために悩むのです。 まずは、どうすれば良いのか、これは「顧客ターゲット」を決めることです。大きなお店ではなく、個人で始めるような小さなお店では広告や宣伝を大々的にやることは不可能でしょう。宣伝や広告というのは莫大な金額がかかってしまいます。 また、かえってたくさんのお客さんに来てもらっても対応しきれず困ってしまいます。では、どのような顧客ターゲットにすれば良いのでしょうか。 ■顧客ターゲットを上手に設定するなら 小さな個人経営のエステの顧客ターゲットはズバリ「知り合い」です。最初はオープンの記念にと無料や格安の金額でとにかく知り合いに体験をしてもらうのです。そうすることによって口コミで顧客が広がって行くのです。そのために、紹介制度を導入するのも良いでしょう。 紹介をすることによってエステでのサービスを行うなど、特典をつけると紹介をもらいやすいでしょう。ただ、紹介によって顧客を増やしていこうと思っている場合に、いちばん気をつけなくて行けない事は「紹介したくなるようなお店づくり」です。 エステの内容もそうですし、接客態度もそうでしょう。自分がお客さんだったら、ということを常に考えて自分がまた行きたくなる、人に紹介をしたくなるお店づくりをすることが成功の早道です。

サロンの競合に勝つ店の差別化に必要なものとは

■サロンの競合に負けないために必要な事 近年のサロンの競合は厳しく、独立して1年以内に閉店する店が全体の6割以上と言われています。また3年以上営業を続けられるエステサロンは全体の1割程度であると言われています。なぜそこまで熾烈なのでしょうか。 一つには、エステやネイル、リラクゼーションなどのサロンのメニューは近隣競合店とメニューが重複することが多いということです。実際は店舗ごとの総合的なスキルや内容は違っていてもお客にはなかなか伝わらないのが現状です。 また広告に力を入れても競合が多いために顧客のみならず見込み客の獲得すら難しい状況にあります。さらに見込み客が来店しても際立った差別化が無いと顧客として定着しないという難しさがあります。そのためサービスの中身の差別化よりも価格を下げて勝負をしようとする傾向がお互いに強くなります。 価格競争は薄利多売で無いと経営を圧迫します。そうして6割強の新規参入店は1年以内に資金という体力が尽きて閉店してしまうというわけです。 ■独自のサービスを展開する すべてのサロンの経営が厳しいのではなく、逆を言えば経営が安定している一部のお店があるために、大多数の新規参入のお店は固定客が着きにくいという訳です。そのようなお店はすでに多数のお客から信頼を得ているため、口コミやメディアによる広告には勢いがあります。 口コミや広告を展開する機会が増えると、お店の評判やサービス情報はさらに世間に知れ渡ることになります。顧客の局所化が加速する訳です。そのような状況で新規参入が競合に競り勝つにはどうすればよいかといえば、差別化です。それも単なる差別化ではなく極力お金をかけずに独自性をもった差別化です。 有効な方法としては、これから流行りそうなメニューをいち早く取り入れることです。海外では流行っていて日本ではまだ認知が低いメニューに注目するのも良い方法です。 なぜなら全く流行ったことが無いものより、海外で流行った実績のあるものの方が日本でも流行る可能性が高いからです。

ホームサロンの開業でぶち当たりやすい問題への対策

■ホームサロンの開業と悩みやすいポイントとは 女性にとって独立開業、経営者と言う夢は机上の空論ではなくなりました。特に、女性をターゲットにした分野での独立開業が目立ち、女性経営者を実現させている人も多くなっているのです。 特にネイルやエステティックの分野で独立開業し大成功を納めている方も非常に多いものなのです。しかしこうした女性が独立開業で問題として立ちはだかるのが資金面と人材育成面です。 元々エステで従業員で働いていた女性ではそれほど大きな店舗を構える資金など持っていません。また人を雇い、その人を教育していく資金なども到底出るものではありません。 独立に際して資金面でどうしても無理が生じ独立を見送るべきか、借金してでも押し通すべきか悩む方も多いものです。 テナントを借りず、ホームサロンで経営を行うにしても、ホームサロンの内装を改装したり、施術用のベットやエステ美容機材の買い入れなど、他にも膨大な資金がかかり頭を痛めるものです。 ■資金面と人材育成面での課題を克服する方法 こうした問題は女性に限らず経営者なら誰もが一度はぶち当たる悩みです。しかしホームサロンで独立開業するならば、そこに搬入できる美容機材にも限界があります。そのため競合他社と差別化をはかり、独自性を出すためにもこうした美容機材に依存しない手技によるエステ施術を売りに経営すればよいのです。 そうするだけで美容機材を購入する必要もなく相当なコストカットが実現できます。新たにエステティシャンを雇い入れ一から教育しなおすのではなく、かつて働いていたエステティシャンの同僚や後輩に声をかけてみて雇い入れするのも賢明な方法です。 かつて同じサロンで働いていた人間を引き抜くのであれば一から人材教育する手間やコストも省けるのです。経営は知恵と工夫次第で幾らでもコストカットできるものです。

自宅サロンでも集客率に悩まない経営方法について

■自宅サロンにおいて悩みがちになる集客の事について エスティックやネイル、リラクゼーションなどのサロンメニューは、近隣にある競合店と内容が似ている場合も多いので、お客様にオリジナリティーが伝わりにくく、既にお客様に認知されているメニューだけではサロンの新規顧客を集客するのがなかなか難しいです。 しかも他店と同じメニューでは価格勝負になってしまいますので、集客しても利益が薄いです。また集客に広告費が掛かる割には、リピーターや固定客に結びつく割合が低いです。 また自宅サロンを独立開業しようとしても、既に近隣で何年も営業して、リピーターを確保できている競合サロンが必ずありますので、クーポンなどを使って価格勝負をしても、初めの一回は来店して頂けたとしても、それからなかなか固定客になりづらい事が、自宅サロン経営の現状です。 自宅サロンを開業して、コンスタントに集客が出来て、リピーターを確保して安定した経営が出来る様になる為には、どのようにしていけば良いのでしょうか。 ■広告媒体を利用して顧客の集客を 自宅サロンを開業して、安定した経営をする為には、お客様を集客する事が必要です。そこで他店との同じ方法で経営するのではなく、他店が行っていないメニューやサービスを取り入れる事が大切になります。 他店では受ける事が出来ないメニューやサービスと言った強い差別化を行う事で、安定して顧客を集客する事が出来る様になります。その時に広告媒体を利用すれば、お客様の方からインターネットなどで探して来店して頂ける様になりますので、そのままリピーターにもなりやすくなります。 広告媒体は、インターネットでのホ-ムペ-ジやブログ、地域の情報誌や新聞の折り込みチラシなど様々な種類があります。自宅サロンは口コミも大切ですが、まずは広告媒体を利用して顧客にサロンの独自のサ-ビスを知って頂いた上で口コミをして頂く事が集客に繋がって行きます。

エステの独立開業で躓かない場所選びのポイント

■エステサロンを立ち上げるため独立する上で悩みがちな事 独立してエステサロンを立ち上げる時に、悩む事の一つ目は、どの場所で開業するかです。この場合テナントを借りたり、住居していないマンションの一室を借りたり、自宅で開業するなどになります。 しかしこの時に抑えておきたいのは、緻密なマーケティングを行った上でエステサロンを立ち上げなくては、将来的に経営が行き詰まってしまうと言う事です。また独立するのですから、エステサロンで使用する設備投資も必要になります。 また設備投資をして集客が出来ても、リピート率が上がらないと、経営を続けて行く事はとても難しくなります。1人でも多くのお客様にサロンのことを知って頂いて、サービスを必要としている人に必要としているメニューを効果的に提供出来なければ、いくら集客にお金を掛けていても、売上げが予想を下回ってしまえば、経営が圧迫されてしまいます。 お客様に再び来店して頂ける本物の技術が無いと、経営は苦しくなりますし、リピートや口コミにも繋がる施術が必要になるのです。 ■競合や顧客層を限定する方法 独立してエステサロンを立ち上げる時には、近くに同業の開業サロンが何店舗あるかや周辺にある商店街や商業施設、コンビニや携帯ショップや飲食店などのマ-ケティングを綿密に行い、しっかりとしたマーケットリサーチを実施して開業しなくてはいけません。 またお客様に常に来店頂けるエステサロンである為には、 競合や顧客層を限定して行く方法が良いです。お客様に選んで頂ける様なサロンにして行く為、開業予定の地域のお客様が求めるメニューや、求めるサービス、どのような接客を望んでいるのかを、しっかりとリサ-チします。 自分の技術力が活かせる顧客層を見極めて、メニューやサ-ビス内容を充実させる事で、お客様に何度も来店して頂けるエステサロンになるのです。

開業したてのエステで資金が悩みの種になる前に

■開業する上でのエステサロンの悩み 大手エステサロンで長年勤め上げ、技術を充分身につけ、自分で独立開業しようと考える女性も多いものです。ネイルケアや美容院と違い、一回の施術で多くの収入が得られるので、利益も簡単に出せるのではないかと考えがちです。 特にホームエステであると、テナント代もかからず、スタッフは自分ひとりなので人件費と言ったコストもあまりかからず安全経営が出来るのではないかとも考えてしまいます。 しかしながら自宅であっても施術ベッドやエステ機材、マッサージオイルに内装の改装など、想定外に開業までに資金がかかってしまうことがわかってくるのです。しかしこうしたコストをかけて開店にこぎつけたとしても一人でエステをまわしていかなければ行けない以上、あまり多くの集客が見込めず、集客が悪ければすぐに赤字となり経営は破綻してしまうのです。 また資金不足のために広告宣伝のための資金の捻出も難しいものです。技術やノウハウ、スキルは持っていても独立開業となると様々な問題が生じるものなのです。 ■資金・人材面での悩みを解決する方法 女性が独立開業するにはやはり資金面で限界があるのは当然のことです。しかしコストのかかる機材や機器に頼らない手技によるエステを前面にアピールし、独自性を出すのも良い逆転の発想であり、賢明な活路の見出し方であると言えるでしょう。 南国やアジアの手技を徹底的に習得し、どこにも負けない極上のマッサージを提供できるよう務めるのも賢明な方法でしょう。こうしたことが口コミとなり人に伝わって予約のとりにくい人気店になることもあります。 また一人でエステをまわしていく以上、一人の客単価を上げることで何とか経営は成り立つでしょう。そのためエステ施術だけでなく、ネイルケアやネイルアートの施術もパックにしてサービスを提供し、客単価を上げる工夫などをすると良いでしょう。

サロンの集客アップは宣伝方法の見直しから

■サロンにおける集客の悩みとは サロンを運営している人は多いものですが、運営の時に必ず悩むことのひとつは集客でしょう。ただ待っているだけではお客さんは来てくれませんし、実際自分から宣伝をしなくてはいけないものです。ただしこの時に悩んでしまうのが、無意味な集客は出来ないということでしょう。 お得なクーポンなどをつけてもリピーターになってくれなくてはとても維持できませんし、サロンに寄ってはしっかりとしたサービスを売りにしているため、そもそも割引の余地がないというようなところもあります。 また、どのようなふうにして集客をすればいいのかそもそもわからない、というサロンも少なくないようです。最近ではクチコミやネットメディアなどもありますし、それ以外にも自分がターゲットにするお客様にピンポイントで宣伝し来店してもらうにはどうすればいいか、ということを考えてしまう運営者も少なくありません。 そもそも知名度が低いとか、サービスがよく知られていない、というようなところもあります。 ■広告を使って集客の悩みを解決 サロンの集客方法のひとつは、やはり宣伝でしょう。最近は宣伝と言ってもひとつのメディアに対し複数の宣伝・広告アピールが出来るところもありますし、またある地域に特定して宣伝できるところもあれば、全国的に広く運営することも出来るようになっているのです。 このため、とても幅広い宣伝方法がありますが、中でもサロンの場合は美容にある程度理由があればお金をかけてもいいという人や、美容に興味・感心があるという人の場合はとても多くのサロンに興味がありますから、そのような層に積極的に宣伝できれば、集客についての悩みもほぼ解消されるものです。 ターゲットを絞った宣伝方法であれば、お客様にも積極的に商品をチェックしてもらいやすいといえるでしょう。 >>ブログを使用した集客について

サブコンテンツ

このページの先頭へ